2011年01月30日

ご心配をおかけしています。

ご心配をおかけしています。

実は・・
昨年一年間、実家と自宅を何度も往復しておりました。
父と弟が交互に入退院を繰り返し、昨年12月に相次いで亡くなりました。
弟は末期のがんだったのである程度は覚悟していたのですが、父の急逝は想定外のことでした。
入院中の弟の容態が安定している間、私が東京に戻っている最中警察からの突然の報せでした。
入浴中、心筋梗塞での他界。
悔やまれます。
が、心配していた逆縁が避けられたことが唯一の救いです。
きっと息子のことを不憫に思った父が先に逝って先導したのでしょう。

父と弟の四十九日法要を済ませ自宅に戻ってきましたが、住人の居なくなった実家の始末に今また追われています。

お年賀状をいただいた方々には事情を綴った寒中お見舞いを送らせていただきました。
励ましのお手紙やメールをいただき、感謝しております。
私自身はしんみりする暇もなく、慣れない今まで無縁だったお寺やお坊さまやお仏壇や・・。
色んなことに振り回されています。

着実に進むしかないですね。
そうそう、遅くてもいいから一歩ずつ。
ゆっくり亀さんでね。
元気を出して出発します。

ニックネーム becchi at 00:00| 思ったこと、感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする